忍者ブログ
「WEBシティ畝丘」の副読本。 舞台裏で、ネタ帖で、地理な雑記のログノート。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本格的に畝丘の街を作ってゆく前に、ベースとなる部分を固めておかないと進めにくい。

ので、その部分をまずは一通り公開しなくては。

これが今後しばらくの方針。
何事も基礎づくりです。
・・・計算ドリルが大嫌いな僕が言うのもなんですが・・・



元となる部分ってそもそもどこかと言うと・・・まずは地図でしょうか。
とにかくビジュアルで畝丘の様子を大まかに伝えたい。

ということで主要道路と、簡単な地形や土地利用の概念、主要な地名を載せた地図を五万分の一スケールで現在製作中。
要は簡易地形図ですね。
架空都市ちゃんねる(KatoWiki)の方に載せた地図もあるけど、地図の描き方を変えたので鋭意書き直し中。
これを最優先事項として取り組みたい。

それから地図で言うと一万分の一スケールで、せめて市街地など重要な地域だけでも表しておきたい。
遠い先の話ではあるけど、プロジェクトに含まれる地域すべてをこのスケールで描きたいものだなあ…
因みに畝丘市はB5判で概算60葉余り。うはー。


それから、出来上がった地図に書き込む形で畝丘の現状を、これも視覚的に掴みやすくして発信したい。
絵地図を描ければ良いのだけど、僕にそんな絵心はなく・・・



とりあえずそこまでは進めたい。
ここまで来たら一旦羽水港とその周辺地区を取り上げよう。
羽水港プロジェクトは、この先畝丘が変貌するきっかけとなる、3つの鍵の一つとして位置付けています。
(残り二つは「畝丘町と羽水町の合併」、「畝丘空港の開港」)

そして、これと並行して歴史と交通の内容を充実させよう。

こちらもある程度モノになってきたら、詳細な地名やら、施設やら、統計数値やらの脇を埋めてゆこう。



長々と書いたけれど、目標は「見た目の充実」であり、これをもって「大体を把握してもらうこと」。
つまり「文字よりも図」ということ。
図を見て興味を持ってもらって、文字へ進んでもらいたいね。


・・・あれ、この考え方って「地理人研究所」さんのコンセプトと被ってない?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 うねおか]
[06/29 TDN]
[06/29 こさか]
[06/29 さくらもち]
[04/11 meroncleam]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
IUC
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター

Copyright © [ 路地裏の架空都市 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]